大人も一緒に楽しめる子供向け教材で学ぶ楽しさ倍増!

おすすめの子供向け教育教材

子供向けの教育教材は大人向けでもあるものを選びましょう

言葉を覚えて使うようになるのは、子供が人間として成長していくうえで最重要事項のひとつです。 言葉を知る喜びは、自分の気持ちを表現し他人とのコミュニケーションをとる喜びでもあります。 少しずつ新しい言葉を覚えていく子供の成長を楽しみながら、学びのお手伝いをしてあげましょう。

言葉を知って使う喜びを共に分かち合いましょう

近年は子供の早期教育の重要性が一層強調されるようになり、巷には様々な教材が溢れかえっています。
どれも子供が楽しみながら学べるよう色々工夫されていて、あれもこれもと目移りしてしまいます。
では、どのような教育教材が自分の子供に向いていて、それをどのように選べばよいのでしょうか。

実は最も大切なのは、子供がどのくらい一生懸命取り組んでくれるかではありません。
その教材に保護者である大人がどのくらい興味を持ち、子供と一緒に学ぼうとするかなのです。
子供の学習意欲を引き出すのは教材ではなく、その子を育てる周囲の大人の役割です。
教育学者が推薦する教材だから、与えておけばあとは放置しておいていいなどということはあり得ません。

極端に言えば、りんごが三つ描かれているだけの絵であっても、これは何という食べ物で何色で形はどうで全部でいくつあるかなど、これだけでも子供にとっては言葉と色と形と数の勉強になります。
教材に対して、大人がどのような意図を持って積極的に関わっていくかという姿勢が重要なのです。
つまり教育教材は子供向けに選ぶのではなく、協力する側の大人が使いこなせるかどうかがポイントです。

今回このサイトでは、国語・算数・芸術の三つの領域に分けて、大人も一緒に学びに参加しやすい教材を紹介していきます。
ただし本来学問というのは大きなひとまとまりであり、便宜上各科目に分類しているにすぎないのだということも念頭に置きつつ、教材を選ぶ際には子供にどのような言葉をかけて取り組ませるかを最初に思い浮かべてみましょう。

おすすめリンク

理数系頭脳を育てるには幼児期の教育が大きなカギ

理数系教科重視の傾向により、学校に通ってから算数のつまずきを心配している保護者が増えています。 かと言って、小さいうちから計算練習など躍起になって取り組ませると算数嫌いになる恐れがあります。 数や図形はゲーム感覚で楽しむ遊びのようなものだという親しみを持たせ、親子で楽しむのがベストです。

音楽や美術は大人と楽しんでこそ共感の心が生まれます

幼児教育が、知能だけではなく子供の情操的な面にも着目するようになってきて久しく経ちます。 しかし、子供にピアノを習わせておいて大人は音楽に興味無しでは本当に感性が育つとは言い難いです。 大人と子供が楽しさや喜びを共に分かち合ってこそ、真の意味での情操教育と言えます。